産休中で出産費用がなくお金を借りたい

 

もうすぐ子供が生まれるというのに出産費用が足りない

 

産休中で出産費用がなくお金を借りたいけど・・・

 

「すでに銀行やキャッシュカードでローンを作っている身でありながら、子供を妊娠。
計画性がないね?って言われても、何も返す言葉もありません。どうにかして、出産費用のお金を借りたい・・・」

 

 

そんな女性が多い事を、私はニュースを見るまで知りませんでした。

 

 

子供は大切な宝物ですが、お金の心配をしながらの出産は、ストレスを貯めて、母子ともに心配な問題ですよね。
いくら貯金がなくても、産休中で手持ちのお金が少なくても、授かってしまった以上は、責任持って出産しないといけません。

 

それは、「大事な命」なんですからね。

 

出産費用の相場や、出産一時金など、どれだけお金が必要になってくるのか不安なところです。
産休中でお仕事を休んでおり、出産費用が無く、お金を借りたいという時にどうすればいいのでしょうか。

 

そんな女性のために、調べてみたことをまとめてみました。

 

出産費用の相場は?地域で金額は変わるの?

 

出産費用の相場は全国で金額が大きく分かれます。
それに、入院する病院施設や分娩方法にも関係して、ハッキリとした数字はなく、口コミなどで調べてみると、標準で40〜50万円と言われています。

 

関東地方の病院では、60万円〜80万円かかったという声も多く、これは首都圏だから。または大きな市立病院だったという理由もあります。

 

また、政令都市以外の地方病院では、30万円〜50万円と、少し相場が下がります。

 

こうやって数字だけを見てみると、子供を生むのにこれほどのお金がかかるのかと感じて、妊娠や出産を望まない女性も多かもしれませんが、そこは行政がカバーしてくれます。

 

出産一時金というものです。

 

出産一時金とは?それで出産費用をカバーできる?

 

出産一時金は、行政から42万円支給される制度で、出産にかかる費用を軽減できるものです。
健康保険に加入していれば、分娩費用を負担してくれるというわけです。

 

申請は、お住い地域の役所の健康保険窓口で行えます。

 

出産一時金には、産後に申請して受け取る方法と直接支払制度があります。

 

多くの方が、直接支払制度を選んでいるそうです。
その理由は、健康保険から出産一時金を、お世話になる病院へ直接振り込まれるからです。

 

病院側にも、この「直接支払制度」の手続きを終えた健康保険証を提示すれば承認されます。

 

そして、出産一時金の42万円で足りなかった出産費用分が自己負担となるわけです。
そこで、どのような時に出産一時金を超えるのでしょうか?

 

出産一時金の42万円をオーバーしてしまうケースは?

 

出産一時金の42万円でカバーできれば御の字ですが、やはりそれ以上になるケースも多々あるようです。

 

どんな時に、自己負担をしなくてはいけないのでしょうか?
ネット上での声を集めてみました。

 

  • 個室を利用した
  • 8日間入院していた
  • 特殊分娩だった
  • 高額医療制度が使えたけど帝王切開だったのでオーバーした
  • 高級設備が整った病院で生みたかった
  • 市立病院にしたから
  • 大部屋には入りたくなかったので個室にした
  • 無痛出産を選んだから
  • 破水して緊急入院したので病院を選べなかった
  • 夜間料金などが追加されてた
  • 大学病院で生みたかった
  • 初産なので信用できる病院を選んだ

 

このように、42万円を超えるケースは多いです。
子供への愛情から、病院にこだわりをもってたり、スムーズに出産できなかったケースなどの理由で、出産一時金をオーバーしてしまいます。

 

しかし、そのようなケースでも、出産一時金ですべての費用をまかなえると、思ってる女性が多いのです。

 

 

その背景には、親や親戚と離れて暮らしていることで、誰にも相談出来ない結果が、このようなケースを招いています。
夫婦お互い、無知で勢いや成り行きで妊娠、出産に至るケースも。

 

そして、例え産休中でも会社にお勤めの方なら、給料の保証があるかもしれませんが、パートやアルバイトで働く女性には、産休中はお金も入ってきません。
その結果、出産一時金で不足した費用を、捻出出来なくて困ってるというケースに陥ってるわけです。

 

本人にしてみれば深刻な問題です。
手元にお金がない時に、どうやって出産費用を捻出したらいいのでしょうか?

 

産休中でも出産費用でお金を借りたい時には?

 

まずは、出産費用を超えてしまった分は、現金の分割払いは可能なんでしょうか?

 

調べてみると、多くの病院は分割払いには対応していません。

 

地方での小さな産婦人科では、分割払いを受け付けておらず、現金一括払いを求めてくる所がほとんど。
出生証明書が発行されるまでに、不足分は全額現金払いを求めてくる産婦人科もあるそうです。

 

 

そこでネット上では、どのような返済対応をしているのか調べてみました。
どれも「病院に居ながら、パソコンやスマホから申し込める方法だから利用した」という声をまとめてみました。

 

出産費用をクレジットカードで払う

 

出産費用をクレジットカードで不足分を一括払いし、返済を分割やリボ払いにするケースも多いです。
ご自身のカードでいくらまで決算できるのか、確かめておく必要があります。

 

まだお持ちでないなら、新規で発行してもらいましょう。

 

銀行カードローンに申し込む

 

銀行カードローンに申込んだという声もありました。
融資を受けるまで1週間前後かかるようですが、審査の目処が立つのであれば、早めに申し込んでおく必要があります。

 

もしも、早産の可能性があり、出産後の融資になりそうな時は、病院側に早めに相談しておきましょう。

 

無利息サービスの消費者金融に申し込む

 

消費者金融と聞くと、少し抵抗がありますが、30日間無利息サービスのプロミスなどを利用している声がありました。
30日間無利息サービスとは、10万円を借りても30日以内の返済は金利がつかないサービスです。

 

どうして利用者が居るのか調べると、クレジットカードでも、カードローンでも、返済には金利が付きます。
クレジットカードのリボ払いでは15%から。銀行カードローンでも金利は18%です。

 

しかし、消費者金融でも、この無利息サービスを利用すれば、初めての利用者に限りますが、30日間は無利息で借りられます。
30日以内に返済できる見込みがあるなら、無利息で借りたほうがメリットは大きいです。

 

 

「もう少しで出産なんだけど、自己負担分どうしよう・・・出産費用のお金借りたいんだけど・・・。」

 

 

確かに心配です。もうすぐ新しい命が誕生するわけですから。

 

身近な人に費用を借りれるなら1番安心できますよね。しかし、それすら選択できない女性も居るのも事実なのです。
上記の中で、1番負担の少ない支払い方法を選びましょう。

 

 

少し早いですが、ご出産おめでとうございます。

 

<<< 消費者金融金融カードローンの詳細