主婦やパートなど女性がお金を借りたい

 

主婦やパートなど女性がお金を借りたい時はどうすれば良いの?

 

「来月のあの予定、お金の余裕がないのよね・・・」

 

主婦でも、パートやアルバイトで働く女性も、お金が必要な時ってありますよね?
お金を借りたい女性の悩みって様々です。

  • 来月の生活費足りなそうだから、少しだけお金借りたいな・・・
  • 子供の病気で長く仕事休んだから、今月のお給料は期待できないかな・・・
  • 同窓会に誘われてるから、少しオシャレしたいけどお洋服買えるお金ないし
  • 急に洗濯機が壊れたけど、新しく買い替えるお金持ってないし
  • 毎日頑張ってるご褒美に、エステに通ってみたいけど、余裕もないしな
  • どうしてもライザップみたいなところでダイエット始めたいけど、払える分のお金ないのよ
  • ママ友から食事会誘われてるけど、断わり続けてると、「あそこの家、お金ないのかしら?」って思われそうで・・・
  • 車をぶつけちゃって修理代どうしよう・・・
  • 暇つぶしのつもりが、パチスロにハマって・・・
  • 夫が生活費を入れてくれないのでやりくりが限界
  • 子供3人も居ると教育費がバカにならない

 

女性も、急にお金が必要になる理由もたくさんありますよね。

 

 

では、お金が必要になった時は、どうすれば良いのでしょうか?
主婦という立場なので、なるべく主人や家族にもバレずにお金を借りることができれば、迷惑をかけないので助かりますよね。

 

このページでは、主婦やパートの女性でも借りやすいお金の借り方を、詳しくまとめています。

 

あなたに合った方法でうまく活用して、今すぐ悩みを解決してくださいね。

 

 

パート主婦の方がお金を借りやすい?専業主婦では無理?

 

お金を借りるということは、返済しなければいけません。
返済は収入がないと出来ませんよね。

 

ですので、女性でも、パートで働いてる主婦は、比較的借りやすい傾向にあります。
複数の借入先に高額な借入などが無い場合は、審査もスムーズです。

 

 

すでに他社から借り入れがある場合

新規申し込み時の融資を求める金額が、他社借入と合わせて100万円を超える場合は、所得証明が必要になってきます。

 

源泉徴収票や確定申告書、給与明細書ですね。

 

パート主婦の方は、給与明細書の方が用意しやすいでしょう。
直近2ヶ月分必要になります。

 

 

しかも、借入が50万円以内であれば、必要書類は必要ありません。
安定した収入があれば、ほとんど問題なくお金を借りれます。

 

 

カードローンで銀行や消費者金融という選択

借入先では、カードローンで銀行や消費者金融があります。
殆どの方は、銀行カードローンを申込、審査に通らなかった場合は、消費者金融で融資してもらうという流れです。

 

収入のあるパート主婦は女性でも借りやすいですが、逆に、おなじ主婦でも無職の専業主婦では無理なのでしょうか?

 

先程の流れからいくと、収入がないのでお金を借りることはできません。という流れになりそうですが、専業主婦でもお金は借りれます。

 

実は、銀行系カードローンだけは利用できるのです。

 

銀行系カードローンと総量規制の関係

これには総量規制という法律が関わってきます。

 

この総量規制とは、「借入合計が年収の3分の1まで」という、多重債務者を減らすための法律です。

 

この総量規制が対象となるのは、「消費者金融」・「クレジット会社」・「信販会社」となります。
よって、銀行は対象外となり、専業主婦でもお金を借りることができるのです。

 

しかも、専業主婦がお金を借りる際に1番心配な部分もクリアーできます。

 

その1番心配な部分とは?

 

専業主婦がお金を借りる時に1番高いハードルとは?

 

女性でも、専業主婦という立場でお金を借りたい時に1番心配なのは、「お金を借りれるかな?」って事よりも、「主人にバレないように借りたい」という方が、ハードルが高いと思います。

 

主婦やパートなど女性がお金を借りたい時はどうすれば良いの?

 

既婚者であれば、絶対にご主人にはバレたくないですよね。バレないでお金を借りることは出来るのでしょうか?

 

 

実は、先程の「総量規制」の対象外である銀行カードローンは、ご主人に収入があれば借りることができます。
それに、身分証明書さえあれば良いので、ご主人の収入証明書や同意書も必要ありません。バレる心配がないのです。

 

これは、銀行系カードローンに限る話です。
消費者金融の場合、収入証明書が必要なので、専業主婦では借りることができません。
ですから、ご主人に知られずにお金を借りることが難しいです。

 

専業主婦だけは、借入先の選択肢は、銀行カードローンしかないということだけは、覚えておきましょう。

 

 

女性やパート主婦は、どこでお金を借りるのがベスト?

 

アルバイトやパート主婦などの女性は、収入があるので、比較的スムーズにお金を借りることは可能です。
収入があり、返済可能と融資先も判断するためです。審査も通りやすいですから。

 

ここで女性がお金を借りやすい融資先をご紹介します。

 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠を利用しましょう。

 

自身のカードでキャッシング限度額が設定されているので、1度調べてください。

 

カード会社のホームページから確認できます。

低金利な銀行系カードローン

専業主婦の方に紹介した銀行カードローン。
もちろん、女性やパート主婦でもお金を借りることができます。

 

銀行カードローンのメリットは、金利が低く、借入限度額が高いという部分です。

 

しかし、その反面、やはりデメリットもあり、審査が厳しい事と、時間がかかるところです。

 

初めての借入であれば、申込初日で融資を受けることもありますが、他社で借入があったりした場合は、1週間前後は見ておいた方がいいです。

女性用の消費者金融

クレジットカードのキャッシング枠も使い切って、銀行系カードローンの審査に落ちてしまった場合は、消費者金融しかありません。

 

しかし、女性専用の消費者金融もあり、女性が心配な部分を排除したサービスに心がけている消費者金融もあります。

 

すべての対応を女性が受付け、30日間無利息で融資してくれるサービスも、消費者金融レディースキャッシングの特徴です。

 

消費者金融は総量規制対象となりますので、年収の3分の1以下であればお金を借りれます。

 

他社で借り入れがある場合は、今回の融資金額と合わせて、年収の3分の1以上にならないか確認してください。

 

まとめ

 

女性がお金を借りやすい、クレジットカードのキャッシング枠、銀行系カードローン、消費者金融の3つを紹介しました。

 

収入がない専業主婦は、銀行カードローンのみの選択。
働いており収入があるパート主婦は、3つの中から選択できます。

 

 

この中でお金を借りる際に、1番ハードルが低いのが、クレジットカードのキャッシング枠です。
クレジットカード申込時に、キャッシング枠の限度額を決めて、申し込むだけですので。

 

しかし、審査に通らなくてクレジットカードを発行できなかった時、別のクレジットカードへ、すぐに申し込むのは辞めておきましょう。
というのは、クレジットカード会社は、ほとんどと言っていいほど同じ審査機関を利用しているのです。

 

A社のクレジットカードに申込んだけど、審査に通らなかったので、すぐにB社に審査を申し込むのは自然な流れです。
ですが、審査機関が一緒なので、B社には、A社の審査で落とされたという情報がまるわかりなのです。

 

ですので、B社も審査で落とすことに繋がってしまいます。
1度クレジットカードの審査で落ちたなら、次回の申込みまで、できれば半年以上は空けたほうがいいです。

 

このような理由を含め、クレジットカードのキャッシング枠とあまり金利が変わらない、消費者金融に流れる女性も居ます。

 

お金を借りる時は、借りる時期と融資額。またそれを返済できる計画を立ててからです。

 

女性は、体調も崩しやすく、主婦の場合は、子供や家庭の事情で、お仕事を休む機会が多いです。
そうなったら、お給料も減りますので、生活費が圧迫し、返済も不可能になってくる可能性もあります。

 

今いくら、いつまでに借りたら良いのか?しっかり計画を立ててからにしましょう。

 

 

>>> 消費者金融で借りた体験談