いつからお金を借りることが出来るのか?

 

債務整理とブラックリスト|自己破産した後にお金を借りたい場合

 

「またお金借りたんだけど、ブラックリストだからお金借りれるのかな?・・・」

 

 

以前に自己破産や債務整理などした経験があると、「いつから借りれるのか?」って心配になります。

 

 

実は、「自己破産」や「債務整理」をした、いわゆる金融事故後は、お金を借りるとはできません。
よく聞く「ブラックリスト」に名前が掲載されてる限り、どこからもお金は借りれないのです。

 

 

しかし、一定期間経過すれば、ブラックリストから外れます。
そして以前と同じように、銀行などから融資を受けることやキャッシング、クレジットカードも持てる可能性があります。

 

 

「ブラックリスト」に名前が載っている場合、何年経てばブラックリストから外れ、またお金を借りることが出来るのでしょうか?

 

このページでは、過去に自己破産や債務整理をした方が、「いつからお金を借りることが出来るのか?」についてまとめています。

 

 

信用情報機関にブラックリストとして掲載される期間は?

 

「自己破産や債務整理などの理由で、ブラックリスト入りというのは理解してるけど、いつまで掲載されてるの?」

 

ブラックリストに掲載されたらもうお金を借りることはできないと思われがちです。

 

実は、「ずっとお金を借りられない」という事はありません。
その理由は、各金融機関ごとに、ブラックリストの解消日があり、その期間を過ぎれば、また融資やキャッシングの再開も可能です。

 

その融資再開時期は、過去の金融事故からどれほど経過しているかによります。
過去の借入先で調べる場所は異なりますので、これから紹介する3つの信用情報機関を参考にしてください。

 

ブラックリストとして掲載される期間は以下の通りです。

 

全国銀行個人信用情報センターKSC 日本信用情報機関JICC 貸金業法指定信用情報機関CIC
銀行の各種ローンやカードローンに該当 消費者金融やクレジット会社に該当 信販会社やクレジットカード会社に該当

債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡等は10年間
ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況は5年間

債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡等は5年間 延滞や債務整理は5年、自己破産は7年

 

過去の自己破産や債務整理後から、該当する上記の掲載期間を超えていれば、これから請求する開示報告書には記載されていません。
すなわち、融資やキャッシングができる可能性があるということです。

 

それでは、各信用情報機関別の開示報告書申請はどのように行うのでしょうか?

 

各信用情報期間別の開示報告書申請のやり方は?

 

それぞれの機関では申込が、パソコンやスマートフォンから申請できます。
信用情報機関別の開示法は以下の通りです。

 

銀行がメインの全国銀行個人信用情報センターKSC

 

全国銀行個人信用情報センターとは、全国銀行協会の個人信用情報機関です。
過去に、銀行ローンやカードローンなどの取引をした履歴を確認する場合に調べることができる機関です。

 

全国銀行個人信用情報センターのホームページ内に、「本人開示の手続き」があります。
掲載内容に従い手続きをすれば、過去の契約内容や支払状況などを、ご自身で確認することができます。

 

申込方法 郵送
必要書類 開示請求申込書(ホームページからダウンロードできます)
手数料 1,000円(ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書)
本人確認書類(2種類) 運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証・住民票などから2種類選ぶ
開示報告書の受取り(郵送) 申請者の現住所に郵送される

※本人が郵送で申請する場合の解説

 

全国銀行個人信用情報センターKSCの開示申込方法の確認はこちら

 

信販会社やクレジットカード会社は貸金業法指定信用情報機関CIC

 

信販会社やクレジットカード会社への開示を求める場合は、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関CICを利用します。
主に、信販会社やクレジットカード会社。他には、百貨店発行カードや一般サービス系クレジットカードも該当します。

 

申込方法 郵送・パソコン・スマートフォン
必要書類 信用情報開示申込書は、貸金業法指定信用情報機関CICホームページにある「申込書を作成する」から必要事項を記入し、印刷する必要があります。
手数料 1,000円(ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書)
本人確認書類(2種類) 運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証・住民票などから2種類選ぶ
開示報告書の受取り(郵送) 申請者の現住所に郵送される

※本人が郵送で申請する場合の解説

 

貸金業法指定信用情報機関CICの開示申込方法の確認はこちら

 

 

消費者金融などは日本信用情報機関JICC

 

消費者金融やクレジット会社などへの過去の取引開示は、日本信用情報機関JICCで確認できます。
信用情報開示申込書は、日本信用情報機関JICCホームページにある「開示申請書作成フォーム」から必要事項を記入し、印刷する必要があります。

 

申込方法 郵送・スマートフォン
必要書類 郵送・スマートフォン
手数料 1,000円(クレジットカード、または、ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書)
本人確認書類 運転免許証
開示報告書の受取り 簡易書留で送付される

※本人が郵送で申請する場合の解説

 

日本信用情報機関JICCの開示申込方法の確認はこちら

 

 

まとめ

 

このように金融事故情報はブラックリストと呼ばれ、各信用情報機関に記載が残されます。
その結果、お金を借りるキャッシングや融資が受けられなくなるのです。

 

しかし、上記の通り、「ブラックリストとして掲載される期間」を経過していれば、再度、融資やキャッシングをできる可能性はありますので安心してください。

 

また、信用情報機関に名前が残されている場合、ブラックリストから名前が消えるまで、あと数ヶ月だったりする場合もあります。

 

その時点では、まずどの消費者金融や銀行も、お金を借りることは難しいです。

 

そして、そんな方を狙った闇金業者が存在することも事実です。

 

「あと数ヶ月待ってられない・・・」

 

例えそんな状況でも、決して闇金業者からお金を借りることだけは辞めてください。絶対にです。