お金を借りたい

 

「お金を借りたい・・・。できれば今すぐにでも・・・。」

 

お金を借りたいときに考える3つの選択肢とは?

 

どうしても支払いを急がなくてはいけない状況になったのですが、手元にはお金がありませんでした。
急ぎたいんだけど、どこから借りたら良いか、最初は冷静に考えられないほど、焦っていた記憶があります。

 

しかし、今すぐにでも借りたいため、調べたのですが、お金を借りる選択肢って、結構あるんだなとわかってきたのです。

 

お金を借りたら、もちろん返済しなければいけません。
最初は、お金を借りたいことだけを考えていましたが、調べていくうちに「返済」の方が重要だと気付かされました。

 

そこで、返済に無理のない、お金を借りる方法として、3つの選択肢をご紹介します。
あなたがもし、お金を借りたいという状況でしたら、この先、私が実践してきた方法に解決策はあると思います。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

 

お金を借りたいときに考える3つの選択肢とは?

 

あなたがクレジットカードを所持しているのであれば、キャッシング枠があるのか確認してみてください。
もしも、キャッシング枠が無ければ、後からでもクレジットカード会社に連絡し、キャッシング枠を設定してもらうことが出来ます。

 

キャッシング枠には必ず利用限度額が設定されています。
20万円お金を借りたいと思ってても、限度額が10万円に設定されているなんて事も、十分考えられます。

 

自身の所持しているカードのキャッシング利用枠は、クレジットカード会社に聞いたり、ネット上から調べることも出来ますので確認しておきましょう。

 

 

すでにカードのキャッシング枠を使い切ってるという場合は、新たに別のクレジットカード会社に申込みます。
最近のクレジットカードでは、キャッシング枠を設けないと発行しないカード会社もあるので、まずは少額で申し込んでみましょう。

 

最初に限度額いっぱいで申し込んでも、カード発行が難しいこともあります。
それは、クレジットカード2枚目の申請というのは、カード会社は審査でわかることですので。

 

カード1枚目のキャッシングを返済中であれば、なおさらです。
2枚目の場合は、キャッシング枠を少なく設定してみると、審査が通ったという場合もあるようですので。

 

 

このように、クレジットカードはネットショッピングや買い物に使うだけではありません。
コンビニなどの提携ATMから、お金を引き出して使う事ができるので、急にお金を借りたい時には便利です。

 

 

銀行カードローン・フリーローンでお金を借りる

 

お金を借りたいときに考える3つの選択肢とは?

 

お金を必要とする時期まで少し時間の余裕がある場合は、銀行カードローンやフリーローンでお金を借りる選択肢もあります。

 

クレジットカードのキャッシング枠が一杯で、カード2枚目を作っても審査に落ちた時や、低金利で借りたい場合などは有効です。

 

ただ、1番審査が厳しい借入先と思ってください。
事前に、所得証明書や源泉徴収書が必要ですし、これらがない場合は過去2ヶ月間の給与明細書でも良いです。
本人確認書も必要になり、あなたをしっかり審査します。

 

銀行がみる所は、「安定した収入」・「他に借り入れが無いか?」・「返済の延滞はないか?」などしっかりと審査されます。
会社員であれば、在籍確認など、職場まで本人確認の電話もあるので、誰にも知られないでお金を借りたい場合は、ハードルが高いです。

 

世間ではこのような意味で、「銀行のキャッシングは審査は厳しい」というイメージになったのでしょう。
その言葉の通り、銀行で借りる場合、審査で落とされる人も多いようです。

 

「自分は過去に債務整理や返済遅延したからな・・・」と心配のようでしたら、申し込まないほうが良いかもしれません。

 

しかし、やはり銀行で借りるメリットは多く、低金利である程度の金額を借りれるなど、融資先ではありがたい存在です。
よくCMなどで見るサービスとして、聞いたことあるかと思いますが、「カードローン」や「フリーローン」があります。

 

簡単に言えば、使用目的を持たない融資サービスです。

 

大手バンクなどの、みずほ銀行、三井住友銀行もカードローンのサービスをしています。
ネットバンクでは、楽天銀行やジャパンネット銀行などもあります。

 

気になる、申し込みから審査、そして融資までの期間ですが、銀行や保証会社が行う仮審査から本審査まであります。
初めて融資を受ける方などは、数時間で審査が終わり、申込日に即日融資を受けれることもあります。

 

しかし、審査に自信が無い場合の方は、1週間から2週間はかかると思っていた方がいいでしょう。

 

お金が必要だけど、少し時間に余裕がある場合は、銀行カードローンやフリーローンに申し込んでみてはいかがですか?

 

 

消費者金融カードローンに申し込む

 

お金を借りたいときに考える3つの選択肢とは?

 

最後に紹介するのは、消費者金融カードローンです。

 

最後に紹介した理由は、私がお金を借りれた最後の選択肢だったからです。
クレジットカードのキャッシング枠も、銀行カードローンも無理だったので、消費者金融を選びました。

 

最初「消費者金融だけは利用したくない・・・」と、思っていたのですが、調べると危険な借入先ではないと思ったのです。

 

消費者金融=金利が高い・借りてることが会社に知られたらマズイなど、負のイメージしかありませんでした。
しかし、調べると、そんなイメージは昔の話で、上手に利用している方が多いのです。

 

金利は、たしかに融資先の中では高く、17.8%前後です。

 

しかし、他を見てみると、楽天カードやセブンカードのキャッシング金利は18%前後。リボ払いでも、15%前後です。。
銀行カードローンのモビットは、18%です。
借入が高額になるほど、金利は下がりますが、数十万円の場合は、上記の金利として考えたほうが良いです。

 

こう考えると、消費者金融は金利が異常に高いというイメージはありませんでした。

 

また、会社に在籍確認の為の電話が来ることを覚悟していたのですが、「消費者金融会社名」で電話をかけてくることはなく、個人名を名乗ってきたようで、それを知った時はホッとしました。

 

融資額も私には十分でしたが、返済ルールをしっかり守れば、次回から融資枠を増額してくれます。今では30万円まで増枠してくれています。

 

そして、消費者金融にしかないサービスとして、一定期間の無利息サービスも便利です。
すぐに返済できる予定があるなら、是非無利息サービスを扱う消費者金融を利用したほうが、良いですよね?

 

そのような理由で私は「プロミスのカードローン」に申し込んで、無事にお金の問題をクリアできたわけです。

 

お金を借りたいときに考える3つの選択肢とは?

 

 

まとめ

 

クレジットカードのキャッシング枠、銀行のカードローンやフリーローン、消費者金融と3つ紹介してきました。

 

ここで紹介した以外にも、親や親族、友人・知人などから借りる方法もあります。
ただ私は、以前に家族や知人に5万円だけ借りようとしても断られた経験があるので、最初から選びませんでした。

 

その結果、この3つの選択肢しかなかったという状況だったのです。

 

親や知人に頼めることが可能であれば、そちらを優先してください。

 

 

お金を借りることは、貸し借りのルールを守れることが1番大切です。たとえそれが、個人間であっても借用書など必須ですよね。
お金を無事に借りれたとしても、返済のルールを守れなければ、あなたの社会的信用度は下がってしまいます。
そして、次回お金を借りれるチャンスは無くなります。

 

私もあなたと同じく、お金を借りたいと焦っていました。

 

しかし、返済のルールを守った事で、次にお金を借りたいと思った時は、スムーズに融資を受けれたのです。
それは、返済ルールを守った事で、信用を得られたという結果でした。

 

あなたもお金を借りたなら、しっかり返済ルールを守り、上手に利用することをオススメします。